敷金と礼金が0円の物件のデメリットとは?本当に費用を抑えることが可能?

部屋探しをしている方の中で、できるだけ初期費用は抑えたいと考えている方は少なくありません。

そのような時に、敷金も礼金も「0(ゼロ)」で費用がかからない物件があると耳にすると、それなら初期費用を大きく抑えることができる!と嬉しくなってしまうことでしょう。

しかしこのような敷金と礼金が「0(ゼロ)」の「ゼロゼロ物件」は、確かに敷金と礼金はかからないものの、思いもよらないデメリットを感じてしまうこともあるようです。

そこで、もしゼロゼロ物件を借りる時にはどのようなことに注意すればよいのか把握しておくようにしましょう。

初期費用がかからない代わりに発生する費用が…

敷金や礼金が必要な賃貸住宅を借りる場合、物件やエリアによって差はありますが、敷金が家賃の2か月分、礼金が1か月分、仲介手数料も1か月分、そして前払い家賃が2か月分程度という形です。

もしゼロゼロ物件なら、家賃の3か月分程度初期費用を抑えることができるのは大きな魅力ですが、その代わりに退去の際のルームクリーニング代は借主が負担しなければならない契約になっていることが多いようです。

本来、部屋を借りて退去する際、ルームクリーニング代は貸主が負担する費用なので借主の敷金からも差し引かれることはありません。

しかし敷金と礼金がかからないゼロゼロ物件の場合には、退去時のルームクリーニング代は借主が負担することになっていることが多く、このルームクリーニング代の金額も数万円単位でかかるので、返ってこない礼金を支払うのと変わらなくなる可能性もあります。

家賃が高めに設定されていることもある!

また、敷金と礼金が0円である代わりに、家賃が相場より高めに設定されていることもあるようです。

もし希望する物件が見つかった時には、その物件の周辺の家賃相場を確認し、あまりに高めの設定になっていたら検討しなおしたほうがよいといえます。

仮に初期費用として敷金が数か月分発生する物件でも、家賃が安ければ毎月の負担は重くなりませんし、退去時に問題がなければ敷金は全額返還されます。

それに対し敷金が0円で初期費用は抑えられても、家賃が高い場合は長く住めば住むほど負担が大きくなってしまいます。

家賃保証会社への加入が必須になっていることもあるので確認を

また、ゼロゼロ物件の場合には家賃保証会社への加入を必須としている場合もあります。家賃保証会社に保証人になってもらうことができるので、別途、保証人を準備する必要はなくなります。しかしこの場合、保証会社に対して家賃の何割分かの保証料が発生することになり、契約更新のたびに更新分の保証料を支払わなければなりません。

物件の更新料も必要である契約の場合、契約を更新するたびにこれらの費用を負担することになってしまいますので、その点を理解した上で契約することが大切です。