長津田地区で味わえるクラフトビール

長津田駅から電車で一区間、十日市場駅から南東へと歩くとクラフトビールを味わえるお店となるTDM1874ブルワリーがあります。小ぢんまりとした醸造所から生まれるビールは横浜市北部から産声を上げ、ご当地ビールの一つとされています。

TDM1874ブルワリーの概要について

2017年、横浜北部にクラフトビールを作るための醸造所としてオープンしました。稼働開始時点では発酵、熟成、仕込みの三種類のタンクを内部に設置してスタートしましたが、2年後には缶詰機を追加投入し、缶ビールとして販売することが可能となり、お店のほかに家庭で手軽にクラフトビールが楽しめます。

醸造長はイングランド出身で、現地のビール会社に勤務した後に来日し、茨城や川崎のクラフトビール工房で醸造に関する知識を学んだあとに就任しました。その実績はアメリカでのビールを評価するサイトでトップ評価を得ています。

一般的なクラフトビールは入れたての味が定番です。しかし、この醸造所では缶タイプを製造しており国内においては実例が少ないのですが、保存の長期化や品質の安定化の両立に成功し、お店で出来立ての味と遜色ない味わいとなっています。

クラフトビールを味わうなら

ビアバーとして楽しめるよう、出来立てのクラフトビールを飲みながらフードも日替わり品や、定番商品の手羽元唐揚げ・マリネやカルパッチョのほか、ソーセージやピザ、国産のハムやチーズなどビールとマッチしたメニューとなっています。

続いて缶ビールですが、基本的には数量限定商品と定番の二種類で構成され、前者は出会いの一期一会の精神に則りクラフトビールそれぞれに季節感の味わいを持たせており、季節限定の商品まで設定されています。

後者はアロマホップの味わいを持たすため、レシピの一部を変更するほか、ブリティッシュビールのような英国風味、ヨーロッパ産大麦を使用した商品や果物のアロマを取り入れるなど、独自性の強いビールです。

また、現地まで来るのが難しい方にはネット販売で対応できるため、遠方から購入して横浜北部生まれのクラフトビールを楽しめます。

所在地などについて

最後に、TDM1874ブルワリーの住所などについて紹介します。

・住所:〒226-0025 神奈川県横浜市緑区十日市場町835番地1号
・お問合せ先:045-985-4955
・営業時間:平日→17:00~20:00、土曜日、日曜日→12:00~20:00
・休業日:毎週水曜日
・交通アクセス:JR横浜線十日市場から徒歩7分
・備考:駐車場有

まとめ

十日市場のTDM1874ブルワリーは、長津田地区のクラフトビール醸造所でありながらも、バーと直営店を兼ね揃えているため、お酒を飲んだ後はお土産として缶ビールを購入し、そして自宅で飲めるのが特徴です。