引っ越しをしたら「そば」を食べる風習は実は間違い?

引っ越しをしたら「そば」という風習を耳にしたことがある方もいることでしょうが、多くの方が引っ越し後におそばを食べることを実践しているようです。

しかし、実はそばは食べるのではなく、配るものだということをご存知でしょうか。そこで、この「引っ越しそば」の由来をご紹介します。

実は「そば」は食べるのではなく配るもの

そもそも「引っ越しそば」とは何なのか、その言葉の意味を広辞苑で調べてみると、「転居した時に近隣にお近づきのしるしとして配る蕎麦」という記載がされています。

新しい住居に引っ越しをした時にそばを食べるという意味ではないことが分かりますが、多くの方がそのように捉えていたのではないでしょうか。

そばを配る風習が始まった由来

この引っ越しの挨拶に近隣の方にそばを配るという風習は、もともと江戸時代中期の町人文化が始まりのようです。

引っ越しの挨拶として用いられていたのは当初は餅や小豆粥だったようですが、そばのほうが安く抑えることができるため配るようになったとのこと。

ただ、そばは細くて長い形状をしているので、近所付き合いも細く長く続けさせてくださいという意味もあるようです。

なぜ食べる風習に変わった?

そもそも挨拶の時に配っていたはずのそばが食べる風習に変わってしまったのはなぜなのでしょう。

実は、大正時代あたりからそばの代わりに専門の店が発行していた商品券である「そば切手」が配られるようになり、切手を注文する時に自分たちも店屋物でそばを注文することが多かったとされています。

また、引っ越し直後は荷物も片付いておらず、自炊したくてもできない状況の場合も多いことから、新居でそばを出前で頼んだほうが便利だと考えられていたのかもしれません。

生活スタイルの変化で風習が逆転したけれど…

もともとは配るものだったはずの引っ越しそばですが、現在は新築の一戸建て住宅やマンションなどが増え、近隣や家主に挨拶する文化そのものもだんだんと薄れつつあります。そのようなことが要因となり、風習が逆転したのとも考えられるでしょう。

また、今は多忙な方が多いので、引っ越しの挨拶として用いられる品も、タオルなどの消耗品や食品なども日持ちするものなどのほうが喜ばれることも理由なのかもしれません。

ただ、普段は忙しく家族がなかなか同じ食卓を囲むことができない家庭でも、引っ越しの時は一緒に時間を過ごすことができます。引っ越し作業を振り返りながら一緒に楽しくおそばを食べてみるのもよい時間の過ごし方といえるでしょう。