敷金から差し引かれる滞納した家賃以外の原状回復費用について

賃貸物件を借りる時に支払った敷金は、退去の際に返金されるものの入居者が負担する原状回復があればその費用が差し引かれてしまいます。

他にも滞納している家賃などがあれば敷金から差し引いた上で、残りが払い戻される形ですが、どこまでの原状回復を入居者が負担するのかその内容を把握しておきましょう。

家賃に経年劣化などの原状回復費用は含まれている

基本的に経年劣化や通常の使用による損耗については家主、入居者の故意・過失・通常の使用方法を超えた使い方による破損や汚損などは入居者がその修繕分を負担します。

家主が経年劣化や通常損耗による原状回復分を負担するのは、そもそも毎月発生する家賃にこれらの費用が含まれているからともいえます。

また、入居者の故意・過失などによる破損や汚損についても、そもそも他人のモノを借りたときには相当の注意を払い使用・管理することが必要であり、この善良な管理者としての注意義務に違反した場合には原状回復義務を負って当然といえるからでしょう。

家主と入居者のそれぞれが負担する原状回復

具体的に家主が負担する原状回復である、経年劣化や通常の使用による損耗とは次のような内容です。

・壁にポスターをはったことでできた画びょうの跡
・家具を設置したことによるカーペットのへこみ
・日照などで起きた畳や壁紙の変色
・自然災害によるガラスの破損
・入居者が通常の清掃を行っていたのに実施したルームクリーニングの費用
・次の入居者を確保するために行う設備の交換やリフォームの費用

反対に入居者が負担しなければならない故意や過失、通常の使用方法を超えた使い方による破損や汚損とは、

・タバコの火種を落としたことでできた畳やフローリングの焦げ跡
・家具を移動させる際についたフローリングや柱などの傷
・下地ボードの張り替えなければならない程の壁にできた釘穴やネジ穴
・結露を放置したことで拡大したカビやシミ

などです。

住んでいる時に発生した修繕は?

また、退去の時ではなく部屋にまだ住んでいる状況において、物件に住み続ける上で必要な修繕が発生した場合には貸主がその修理や修繕を負担することとなります。

ただ、不具合や故障、損傷などが敷金返還の際と同じく、入居者の故意・過失・通常使用を超えた使い方によるものの場合には、入居者がその修理費や修繕費用を負担しなければならないと認識しておきましょう。

電球や給水栓を交換するための費用などは、賃貸借契約の中に入居者が費用を負担する旨が記載されていることが多いので、入居者が交換費用を支払うことになります。ただ、修繕を行うかは入居者が判断すること
ができるので、修繕義務を負うわけでありません。