敷金の高い賃貸物件の理由は?

賃貸物件を借りる際に、初期費用として礼金と敷金や保証金などがあります。この費用の中で敷金が高く設定されている物件がある一方で、礼金なしや敷金なしを謳っている物件もあります。では敷金とは何で、なぜ高く設定されている物件があるのでしょう。敷金が保証する範囲や高い理由などについて紹介したいと思います。

賃貸にかかる初期費用について

アパートなどを借りる際に、かかる初期費用には家賃や敷金・礼金・仲介手数料・共益費・駐車場代など、またこれらに加えて関西や九州の一部地域では保証金というものがあります。賃貸の場合は、退居するとき借主は部屋を原状回復する義務があります。保証金は家賃滞納の補填や原状回復費用などに使用されます。

敷金は家賃の1カ月分~3カ月分が一般的で、礼金と同じで「契約の祭に支払う費用」として必要なものです。礼金は貸主である大家に対する「お礼の意味」を持つものですので、戻ることはありません。

しかし、敷金は原状回復にかかった費用を差し引いた額が、借主には返還されます。先ほどの保証金と同じ性質を持っています。但し、保証金は契約時に敷引きという特約が付いていることが多く、敷引きとして定めた一定額は、礼金の意味合いがあるので戻りません。

敷金の役割

本来敷金は、部屋の原状回復にかかった費用を引いて、借主に戻されるべきものです。契約時に「敷金は高いが礼金は低い」あるいは「敷金は低いが礼金は高い」という場合、他の条件が同じだと仮にしたとします。

どちらがいいのか。敷金は部屋の補修で残った金額は借主に戻されますが、礼金は貸主に全額手渡されるものです。これらにより「敷金は高いが礼金は低い」物件の方かいいでしょう。しかし、その敷金が高く設定されている物件に関しては、契約時に注意が必要です。

敷金が高く設定される理由

敷金が高く設定されている場合、貸主としては出来るだけ補修費用を抑えたい場合や家賃滞納に備えたリスク回避という面が可能性としてあると思います。それ以外についても知っておく必要があります。

その理由としては、修繕費用やクリーニング費用だけでなく、集客方法に対する戦略が含まれている場合があります。「敷金、礼金なし」や「敷金、礼金あり」「高めの敷金だけ」などには、少なからず理由があるのです。

需要と供給のバランスや、同じ家賃でも設備や条件、利便性などで集客が困難な場合には、「礼金なし」で価値観をプラスする代わりに敷金を高く設定する場合があるので、内覧でチェックし、検討することです。

1.原状回復や退去時のリスクが高いので軽減することの目的
2.立地環境が良い場合や築年数が新しいなどで借り手が、支払ってでも借りたいとき

まとめ

住居移転に伴う初期費用の中から、特に敷金が高く設定されている理由ということで書かせて頂きました。物件特有の事情により高くされている場合もあるので、契約時に注意して比較検討が必要なのです。