敷金と礼金の意味

賃貸契約で敷金や礼金は何のために払う物なのか? 疑問に思ったことはありませんか。今回は敷金と礼金の意味について解説します。

敷金・礼金

敷金と礼金は初期費用として一般的には敷金2ヶ月分と、礼金1、2ヶ月分で仲介手数料や前家賃などを含めると家賃の5、6ヶ月分を支払わなくてはなりません。

〇敷金
退去時の原状回復のために支払うお金で原状回復に費用があまり掛からなければ一部戻ってくることもあります。
〇礼金
家主や管理会社へお礼として支払うお金のことで基本的に戻ってくることはありません。

敷金・礼金の相場や引越し見積り

敷金・礼金の相場は合計すると家賃の約2~3ヶ月分です。
〇敷金 ⇒ 家賃の1~2ヶ月分
〇礼金 ⇒ 家賃の1ヶ月分

敷金は退去時に備える”もしも”のためのお金で安くなることはなく、ただ時期によっては礼金のない場合もあります。引っ越す前には複数の業者で見積もりを取って、引っ越し費用が安い業者を選びましょう。

敷金礼金ゼロの物件がある

人気物件は敷金や礼金があってもすぐに入居者が決まる場合が多いのですが、築古物件や長期空室物件のように家賃の見直しを必要とする物件などは、敷金礼金をゼロにすることがあります。長く住むのなら、敷金や礼金を支払ったとしても毎月の家賃が割安な物件の方が、総支払額は少なく抑えられます。敷金礼金がゼロでも必ずしもお得とは限らず仲介手数料や更新料など月々の家賃に連動して、火災保険や保証会社の利用料といった初期費用が発生します。

敷金・礼金を含めた初期費用の内訳

敷 金 ⇒ 家賃の1~2ヶ月分
礼 金 ⇒ 家賃の1ヶ月分
仲介手数料 ⇒ 家賃の0.5~1ヶ月分
前家賃 ⇒ 家賃の1ヶ月分
日割り家賃 ⇒ 入居日により異なる
火災保険料 ⇒ 1万~2万円
カギ交換費用 ⇒ 1万~2万円
引っ越し料金 ⇒ 5万~15万円

大半は敷金礼金と引っ越し料金が占め初期費用を合計すると多額になりますので事前に準備する必要があります。敷金・礼金が安い物件を探して料金の安い引越し業者を見つけることができれば初期費用を抑えられます。

敷金の目的

敷金は家賃など債務の担保として預ける保証金で家賃の滞納や支払いができなくなった場合に敷金で補填することがあります。そのほか退去する際に原状回復義務がある為、汚損箇所の修繕に敷金を充てる事になっています。家具の設置跡や鍵の取り替えや日焼けなどは負担の対象にはならず、タバコのヤニやペットによる傷など入居者による責任がある場合は、修繕・修理などに使用され退去時に引かれ費用との差額が返還されます。

礼金の目的

賃貸物件を借りる際に礼金がどのような目的で払われるのか以下に紹介します。

〇礼金を払う意味
礼金は家主に対してお礼として渡すお金ですが、昔、賃貸物件が少なかった時代に下宿先や面倒をみてくれた感謝の気持ちとして、大学進学や就職する子どものためにその親が心付けの意味として大家に送ったなどさまざまな由来があります。現在は物件が増えて昔のように家主と借主との間に密な関わりはなく、直接顔を合わせる機会も少ないため本来の意味での礼金ではなく慣習だけが残っているのが現状です。

〇礼金の特徴
礼金は一度払うと戻ってこないお金です。本来家主へのお礼のために支払われていたもので、そのため慣習が根付いて現在でも返還がされません。ですが礼金を支払う事はなにも法律で定められているわけではありません。その為礼金なし物件も存在するのです。

まとめ

敷金・礼金についてしっかりと確認をしたうえで後悔のないような部屋探しや引越しを考えましょう。