引っ越し後に最短で退去するには?

引っ越しをしてみたものの、想像していたのとは違っていたという経験をしたことはないでしょうか。実際に入居してみてから、色々気づくこともあります。今回は、入居後に最短で引っ越しをすることになる理由と、新居選びのポイントなどを説明していきます。

最短で退去する理由とは

始めに、入居してから1カ月以内に退去することになった方の理由を紹介します。隣人の騒音問題、ゴキブリ・ムカデなどの虫がよく出る、欠陥物件だった、急遽、転勤が決まった、恋人との同棲を解消したなど理由は様々です。

忙しくて内見をする時間を確保出来なかったというケースもあるかもしれませんが、それは自己責任となってしまうのでご注意下さい。

入居してから最短で退去することは可能なのか?

結論から述べると、入居後1カ月以内に退去することは、違約金を支払うことによって可能となります。賃貸物件の場合、契約期間を設定していることが多いためです。契約期間や違約金についての詳細は、賃貸契約書に記載されています。違約金の相場の目安は、賃料の約1~3カ月分です。

最短で退去する際の初期費用の返金について

退去する際の原状回復および家賃滞納の担保として入居時に大家さんに支払う敷金は、返金される確率は高いと言えます。なぜなら、入居して間もないので、部屋を汚損しているケースは少ないと考えられるからです。

その為、長期間住み続けるよりは高い割合で返金されるでしょう。また、前家賃は、特約で特に規定がなければ返金されます。それから、火災保険料ですが、月割りで返金されることになります。

再引っ越しの費用を安く抑える方法について

返金される初期費用はあっても違約金がかかるので、次に入居するのはなるべく安い物件を探したいですよね、その場合には、初期費用に含まれる敷金・礼金が0の物件を選ぶと良いでしょう。

退去時にクリーニング代を請求されますが、急ぎの引っ越しで経済的にあまり余裕がない方にはおすすめです。その他にも初期費用を抑える方法として、仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ、または指定された期間だけ家賃が無料になるフリーレントの物件を選ぶなどがあります。

新居を探す際のポイントについて

また入居後に不満を感じることのない様に、必ず内見はして下さい。騒音が気になる方は、自分の生活リズムを考えて、家で過ごす時間に内見するのも良いでしょう。隣人の騒音だけではなく、交通量の多い道路が近くにあるかどうかということも確認しておきましょう。

それから、部屋内に家具を設置した時のことをシミュレーションしておくことで、居住スペースの把握が出来ます。

即入居可能な物件について

即入居が可能となっている物件は、もうすでに原状回復が済んでいて、新たな入居者を受け入れる準備が整っている物件のことです。ただし、契約から鍵を受け取るまでに、最短でも1週間はかかるということを想定しておきましょう。

現在入居者が居て、今後退去予定となっている場合は、入居できる状態になるまでにおよそ2週間以上かかるので、確認してから決める様にしましょう。

まとめ

入居してから最短で退去するという場合、違約金が発生します。賃貸契約書には、退去時に必要な情報も記載されていますので、紛失しない様に大切に保管しておいて下さい。入居後に後悔しないためにも、内見は必ず行いましょう。