敷金・礼金・仲介手数料などの賃貸初期費用を抑えるコツ!

賃貸アパートに引っ越す際、様々に費用がかかります。引っ越しを頼むならば運送費用や引っ越し先の住居に入る前に、オーナーさんや管理会社と賃貸の契約を交わさなければなりません。そのときにかかる初期費用。今回は中でも敷金・礼金・仲介手数料などの費用を抑える方法について解説します。

初期費用の内訳?

賃貸物件の初期費用は「火災保険・カギ交換代・クリーニング費用・前住居家賃・敷金・礼金・仲介手数料」となります。敷金は賃貸のオーナーさんに預ける代金で、家賃滞納時に補填されるものです。原則的には、契約終了時に返金されます。この費用の額は、家賃の1~2カ月が相場です。

礼金はオーナーさんに対するお礼になります。こちらの場合は賃貸の契約終了時に返還されません。オーナーさんに支払う手数料的なものと捉えるといいでしょう。こちらの金額も、家賃の1~2カ月位になります。

仲介手数料は不動産会社に対しての費用で、料率は不動産会社により異なります。前家賃は賃貸契約時に支払う翌月分の家賃になります。それに火災保険やカギ交換代金、クリーニング代など合算すると、賃貸の初期費用は家賃額の6~7カ月分が相場になります。

敷金・礼金・仲介手数料などを抑える交渉?

上記費用を抑えるためには、不動産会社や大家さんと交渉する必要があります。「敷金・礼金・仲介手数料」の交渉ポイントについて書きましょう。

〇敷金と礼金の交渉
安くして頂くためにはオーナーさんの許可が要ります。交渉は不動産会社が仲介役をすることが多いですが、交渉に覚えのある方はオーナーさんと直接交渉するのも一つの手です。

オーナーさんとしては、一番の心配は部屋が空室になることです。そこで、契約時に複数年以上の居住をすることを条件にすることで、敷金・礼金額の話し合いに応じて頂けるケースもあります。

ただ注意すべきことが、敷金の値引きを引き出させても、退去時にお金を出費する可能性があり、原状回復費用に請求されることもあります。礼金はオーナーさんへ謝礼として払う代金ですから、入居の際に割引して頂ければ得になります。

〇仲介手数料の交渉
仲介手数料は費用の交渉で最も割引きやすいものです。不動産会社が自由に設定できる仲介手数料は、話し合いによっては金額を下げてもらいやすいのです。しかし、大手の会社はルールが決まっているので、交渉に応じて頂くのは困難です。規模の小さな会社の方か交渉の余地があるでしょう。

敷金・礼金・仲介手数料なし物件

表面的には敷金や礼金がない物件は得なような感じがします。しかしその分、家賃が高めにされているケースもあります。これらの物件を選ぶかどうかは、同じような条件で部屋の間取りや設備、築年数などを比べ、そこに住む期間も考慮した総費用で検討するようにしましょう。

仲介手数料の価格や有無は不動産会社の方針により異なります。手数料なしの物件は、オーナーさんによっても異なりますから、一つ一つの物件を見極めていく以外にありません。

まとめ

賃貸物件の契約時に初期費用がかかりますが、交渉の成り行きでは抑えることも可能です。またこれらの初期費用がなしという物件もありますが、住む期間や条件などの総費用を見て検討しましょう。