時期で異なる引越しの費用

引越しの際、出来るだけ費用を安く抑えたいというのは誰しもが思う事ではないでしょうか。急な転勤など、どうしてもその時期でなくてはならない様な場合を除いて、お得に引っ越せる時期を選んで引っ越してみてはいかがでしょう。今回は時期による引っ越し費用の違いについて解説します。

引っ越し費用は時期により異なる

引越し業者に依頼する引越しの費用は、年間を通して同じではありません。お客さんの多い繁忙期と、お客さんの比較的少ない閑散期で大きく異なっています。当然ながら、お客さんの比較的少ない閑散期の方が費用は安くなります。

引越しの費用の内訳は?

引越しにかかる費用の内訳は、まず基本運賃そして実費、そのほか付帯サービス費用からなっています。基本運賃は荷物の量と移動距離とスタッフの拘束時間から算出されます。
実費はスタッフの人件費と梱包に使う段ボール箱などの料金、そして高速道路の料金などです。付帯サービス費用はエアコンの取り外しと取り付け、ピアノなどの運搬費用、不用品の処分費用などです。

引越し業者の最も忙しい時期はいつ?

引越し業者の繁忙期は3月から4月です。春は進学や就職で引越しをする人が多い為です。それに先駆けて部屋探しをする為、引越し業者・不動産業者にとっては最も忙しい時期になります。繁忙期の引っ越し費用は閑散期の1.5倍~2倍程掛かると言われています。3月、4月に次いで引っ越す人が多いのが9月です。勤め先での異動などによる引っ越しをする人が多い為です。

逆に引越し業者の閑散期は7月と8月、そして11月です。繁忙期に挟まれて比較的利用者が少ない時期であり、引越しにかかる費用も割安になります。

曜日によっても引っ越し料金に違いが

やはり週末土日に引越しを希望する人が多い様です。特に土曜日に引っ越しを行えば翌日の日曜日に新居で荷ほどき、片付けができるため希望者が集中します。その為、引越し業者でも平日、特に週の前半の、曜日の料金を下げて少しでもお客さんを分散させようとしています。

また、どうしても土日しか休めない人の場合、遅い時間を希望するのもの一つの方法です。同じ曜日の中でも、早い時間より遅い時間の引っ越し作業を、安めの料金設定している引越し業者が多い為です。

同じ月の中での料金変動

同じ月の中でも料金は一定ではありません。月末は引越しをする人が多く、月初、月の中旬は希望者が少ない為、引越し費用が割安に設定されているケースがあります。また、仏滅、大安などの六曜を気にしないのであれば、希望者の少ない仏滅に引っ越す事でも費用を抑えられます。

まとめ

今回は引っ越し費用を安く抑えるために知っておきたい、引っ越し業者の繁忙期とその理由についてお伝えしました。引越し時期がある程度自由に決められる方は、是非今回の記事を参考になさって下さい。