ゼロ物件は安全?敷金・礼金なしの理由について知っておこう!

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際に、敷金・礼金がかからないというのは魅力的です。しかし、そこは本当に安全な物件なのでしょうか。そこで今回は敷金・礼金なしの理由について解説します。

敷金と礼金について

敷金とは賃貸物件を借りる際に契約上、債務を担保するため賃借人が貸主に支払うお金の事を指します。家賃の滞納や部屋を損傷させた場合の修繕費を保証として、あらかじめ預けておくのです。

賃貸契約が終了し退去する際には、それまでに生じた金銭債務を差し引いた分が返還されます。相場は家賃の1~2ヵ月程度が目安です。

ここでいう修繕費の補填は、日常の生活で起こりうる劣化や損耗に対しては入居者の負担義務はありません。故意に付けた傷や「うっかり」傷をつけた事に対する修繕費用として使用されます。

不動産業者が退去時に行う敷金の精算については、国土交通省が発表している「原状回復をめぐるガイドライン」に従って行います。

礼金とは大家さんにお礼の意味で支払うお金の事です。謝礼金ですから、退去する際にも返ってきません。敷金の相場は、家賃の1~2ヵ月程度になります。

ゼロゼロ物件の背景

敷金・礼金は賃貸借契約を結ぶ上で、大きな負担になっています。それらを必要としないゼロゼロ物件があるのは、どのような理由によるものでしょうか。ここでは敷金・礼金がゼロになる理由についてお伝えします。

ゼロゼロ物件の背景には次の3つの理由が挙げられます。

1.家賃保証会社が増えてきて借り手が家賃を滞納しても、家賃保証会社が債権回収を引き受けるようになった事
2.ネットの普及によりお部屋を手軽に比較検討できるようになった事
3.入居者が減って賃貸物件の競争が激しくなっている事

日本では人口の減少により、空き家の増加は深刻な社会問題になっています。空き家をそのままにしておくと、ゴミの不法投棄リスクや、防犯面のリスク、設備の劣化の不安があるため大家さんにとっては、家賃を引き下げてでも借り手を見つけたいという想いがあります。こうした社会的背景もゼロゼロ物件が増えている一つの要因です。

ゼロゼロ物件を借りるときの注意点

敷金・礼金が無料の物件は初期費用が安いですが、月々の家賃が高めに設定されている事もあります。そのため、周辺エリアの家賃相場は確認して比較しておきたい所です。

「家賃5万円+敷金5万円+礼金5万円」と「家賃7万円+敷金0円+礼金0円」では、一見後者がリーズナブルに感じます。ですが実際は、

家賃5万円×12ヵ月+敷金5万円+礼金5万円=年間700,000円
家賃7万円×12か月+敷金0円+礼金0円=年間840,000円

と年間で比較すると、大分損をしています。住み続けるほど損する額は広がりますので、場合によっては敷金・礼金有りの物件の方がお得な場合もあります。

次に敷金なしの場合は、退去時に多くの費用を請求される事もありえます。なぜかというと敷金というのは、次の入居者のために破れた壁紙を貼り直したり、部屋のクリーニングを入れたり原状回復する必要があります。つまり、その費用を入居時に預けていないため、退去時にはこれらの費用がかかるというわけです。

まとめ

退去時の出費を減らすためには、常日頃から部屋はきれいに使う事を意識してください。また退去時にかかる費用を積み立てておく事も忘れないようにしましょう。物件トラブルを避けるためには事前に契約書をよく読み、内容をしっかりと認識しておくことが大切です。