引っ越しをするのと2年ごとに契約更新するのはどちらがお得なのか

一部の地域に慣習として残っている賃貸の更新料ですが、更新時になると支払いに悩まされているという方もいることでしょう。今回は、更新時に引っ越しを検討するのと更新料を2年ごとに支払うのはどちらが良いのか考察していきます。

賃貸の更新料

更新料は、賃貸の更新契約手続きの際に大家さんに支払う手数料で、大家さんの収入となります。契約更新時は、一般的に2年ごとに行われます。主に首都圏や京都府で、昔からの慣習として今も根付いています。

法律によって決められているわけではありませんが、賃貸借契約書に記載されている場合契約に同意したと見なされるため、更新する場合には支払わなければなりません。

更新料の目安

更新料は大家さんが設定しているため、物件によって異なります。基本的に賃料の1カ月となっている所が多い様ですがそれよりも少ない、または2カ月以上請求される地域もあります。また更新時には更新料に加えて、火災保険料の契約更新手続きもあります。さらに、保証会社を仲介している場合には保証料が必要になります。

引っ越しにかかる費用

引っ越しをするには、契約内容によって敷金・礼金・鍵交換代・前家賃・火災保険料などの初期費用を、新居の大家さんに最低でも賃料6カ月分ほどを支払うことになります。それから、引っ越し業者に支払う費用は、移動距離や荷物の量で金額は異なります(引っ越しの多い繁忙期も、依頼費が高くなります)。旧居の敷金は一部返還されることもありますが、部屋内の損傷が多い場合には改めて修繕費を請求されるということもあります。

引っ越しするのと更新料を支払うのはどちらが良いのか

前述した通り、どちらにしても費用を負担することになります。双方の出費の目安だけで比べてみると、新居に引っ越すよりも契約を更新して更新料を支払う方がお得だと言えます。しかし、考え方によっては、引っ越しを検討した方が気分的に楽になるという場合もあるので、ご自身の状況を考慮したうえで慎重に検討する必要があります。

引っ越しを検討しても良い場合について

結局のところ、どうすべきか分からないという方のために、引っ越しを検討すべきなのはどんな時なのか考えてみましょう。例えば、更新料が高いと感じている場合です。

お気に入りの物件なら更新しても問題はありませんが、生活環境に不満がある場合は更新時をきっかけに引っ越しを検討しても良いでしょう。また、結婚・転職をする場合や周囲に良い条件の物件を見つけた場合も、引っ越しすることで負担を軽減させることが出来るかもしれません。

退去時の注意点

更新時の1~3カ月前(解約予告期間)に、大家さんや不動産会社から更新通知が郵送されてきます。その期間を過ぎて解約をすると、更新料を支払うことになってしまうのでご注意下さい。そして、旧居と新居の家賃を2重に支払うということにならない様にするためにも、引っ越しが決まったら遅くても1カ月前には退去することを大家さんに伝えて下さい。

まとめ

更新料のことだけを考えていると引っ越ししたいという願望が出てきますが、引っ越しをするにも費用を用意しなくてはなりません。今の生活環境に不満がなければ、更新時が近づいた際に、大家さんに更新料の値下げ交渉をしてみるのも良いでしょう。