不動産の敷金と保証金の違い

賃貸で不動産を借りる際に支払うものには、敷金と保証金や礼金といったものがございます。今回はこの敷金と保証金の違いなどについて見てまいります。礼金や違約金といったものもございますが今回は敷金と保証金にフォーカスしてまいります。

敷金と保証金

敷金と保証金の違いは殆どなく、保証金という言葉は主に関西と九州の一部で多く使われている言葉です。共に同じ用途に使われる金銭です、違いがあるとすればその料金の相場です。保証金のほうが敷金より幾分高いと言われています。

敷金・保証金とは、賃貸契約を結ぶ際に支払うお金です。その主な用途は、万が一家賃の滞納などがあった場合にはその滞納分にあてる、退去する際に現状を復帰する場合にあてる費用の事です。

これらの費用は、新規で不動産の賃貸契約を結ぶ際に支払う費用です。またこの費用は契約を終了し賃貸物件を退去する際に、返却される可能性のある性質のものです。返却される金額に決まりはございませんので一概に幾ら返ってくるかは分かりません。

敷金と保証金の違いは、ほぼございませんが敷金の場合には、「礼金」といったものと一緒に支払うことが多いといった点は保証金との違いかも知れません。礼金は大家さんへの宜しくお願いしますと言った性質のお金ですので返還されることはございません。

また、この保証金と礼金といったものがない「敷金・礼金なし」といった物件も最近は増えてきているのも事実です。特に都市部においてこの敷金・礼金なし物件は多いようです。しかしながら敷金・礼金なし物件が圧倒的にお得かどうかは契約により違ってきます。

このように、初期投資が少なくて済む物件が圧倒的にお得という事ではないようです。勿論このような物件は入居する際にその費用は安く抑えられるといったメリットはございますが、それだけでお得というわけにはいかないようです。

退去時には敷金や保証金といったものがある物件のほうが、安く退去費用を抑えられる場合もあるのが一般的です、先に納めている金額から原状復帰費用などをまかなうことが出来ますので退去費用が安く抑えられるという事です。

これは、初期の入居費用を安く抑えるか、退去時の費用を安く抑えるかと言ったことに大きく関わって来る事ですのでご自身の予算とご相談の上、選択する事になります。また敷金・礼金なしの物件はそれらの分、家賃が割高になっているとも言われています。

いずれにせよ、賃貸物件を借りる際には、ある一定の費用が掛かることは必然です。その費用として敷金・礼金や保証金といったものが存在するのです。少しでもそれらの費用を安く抑えるには、賃貸物件を綺麗に使用する事が望まれます。

むやみに壁や柱に釘や押しピンなどを使用しない、ポスターなどを壁に貼らないといった細かい事で、原状復帰の費用は大きく変わってきます。原状復帰は経年劣化以外のものをいかに少なくするかで抑えられる費用です。

まとめ

敷金と保証金は、地域での呼び名の違いと認識してほぼ間違いないものです。呼び名の違いでその内容は同じと考えて良いものです。したがって賃貸物件の使用方法により、返却される可能性のある費用です。少しでも多く敷金などの返却を期待したいのであれば、日頃から物件の掃除や点検などを定期的に細やかに行なうことが大切です。