マイホームの購入資金として借り入れできる平均的な金額は?

マイホームを購入する時の家選びにおいて、希望する物件があっても予算内におさまるのかは気になるところでしょう。

自己資金として準備している頭金に、住宅ローンなどからの融資を合わせて購入資金に充てる方がほとんどでしょうが、いったいいくら借り入れれば良いのか分からないという方もいるかもしれません。

そこで、マイホームを購入する時、購入資金としていくら借り入れができるのか、平均的な金額の目安をご紹介します。

頭金は多いほうがよいけれど…

マイホームを購入する時、現金で一括で購入するという方はほとんどいません。多くが住宅ローンを利用して購入することになりますが、その際、頭金をできるだけ多く準備しておいたほうが後の返済は楽になることは間違いないでしょう。

しかし、現在の貯蓄をすべて頭金に充ててしまうことは好ましくありません。もしマイホームを購入した後で、ケガや病気などで働けなくなったり、急な出費などが必要になった時などに対応できなくなるからです。

サラリーマンなら毎月の生活費の3~6か月、自営業者などは1年分くらいは予備費として準備しておくようにしましょう。

住宅ローンの利用は年収のどのくらいが平均?

住宅ローンからどのくらいを借り入れるか考えた場合、一般的には現在の年収の25%の範囲内におさめると良いとされています。

例えば、年間の返済額が年収に占める割合が25%とした場合において、金利1.5%の住宅ローンを元利均等で35年に渡り借り入れる場合を例に考えてみましょう。

この場合、税込年収が300万円であれば2,040万円、400万円だと2,720万円、600万円なら4,080万円くらいがおおよその借入金額の目安です。

ただし、同じ年収だとしても、家族の人数や生活スタイルによって、毎月返済可能となる金額は異なるはずですので、あくまでも平均的な目安と考え、自分が返済できる金額からいくらまでなら借入可能か考えてみるようにしましょう。

マイホームを購入した後はローンの返済以外にも費用が…?

現在賃貸住宅に住んでいるのなら、住宅ローンを利用した時の毎月の返済額が今の家賃と差がなければ無理なく支払いができるはずです。

ただ、マンションを購入する場合には、毎月のローン返済以外にも、管理費や修繕積立金、駐車場代などが必要になる場合もあるため、一概には言えません。

さらに、マイホームを購入すれば、毎年固定資産税が課税されますので、維持費としてこれまで掛からなかった費用が発生する点にも注意が必要です。

それらも踏まえ、住宅ローンでいくら借り入れを行い、毎月の返済額をいくらに設定すればよいか考えていく様にしましょう。