賃貸住宅を借りる時には源泉徴収票の提出が必要?その理由とは

賃貸住宅を契約する時に実施される「入居審査」。気に入った物件が見つかっても、この審査を通過できず入居できなくては何の意味もありません。

入居審査においては、サラリーマンであれば源泉徴収票の提出を求められることがありますが、何を基準に審査を行うのでしょうか。

家主が安心して物件を貸すことができるために

賃貸住宅を他人に貸す家主の立場としては、貸した部屋をキレイに使ってもらえるか、近隣とトラブルを起こしたりしないか、入居者が毎月家賃を滞納せず支払うことができるかを心配するものです。

そこで実施されるのが、信頼できる入居者なのかを判断する入居審査です。入居審査では、契約者と連帯保証人に家賃の支払い能力があるかを確認するため、双方の収入を証明できる源泉徴収票などの提出を求められます。

入居審査の流れ

では、実際に入居審査はどのような流れで行われるか確認しておきましょう。

申込書の内容確認

契約者から仲介する不動産会社に提出された申込書や書類から、勤務先や勤続年数、年収などを確認し、契約者と連帯保証人に支払い能力があるか総合的な判断を行います。

契約者の勤務先に在籍確認

仲介する不動産会社から契約者の勤務先に電話により連絡し、本当に勤務しているか在籍確認を行います。

仲介する不動産会社から連帯保証人に意思の確認

仲介する不動産会社から連帯保証人に、本当に保証を行うのか承諾を得るための確認連絡が入ります。

入居審査で確認される支払い能力とは?

では、契約者や連帯保証人に支払い能力があると判断される目安とは何なのでしょう。

一般的には、毎月の家賃が月収の3分の1の範囲で収まっているかを確認します。月収の3分の1が家賃を上回っていることが無理のない家賃の金額とされているため、支払い能力があるとみなされるということです。

この金額を超えた家賃で申し込みを行った場合、入居審査に通らない可能性もあると理解しておきましょう。

契約者の人柄も重要?

もちろん、毎月家賃を滞納なく支払うだけの収入があることは大切ですが、契約者の人柄も実は重視される項目です。

身だしなみが乱れていたり、マナーが守れていなかったり、さらには横柄な態度や暴力的な言葉遣いであると、近隣とトラブルを起こしかねない人物と判断されてしまう可能性もあります。

家賃を払えばどこでも借りることができると安易に考えていると、思わぬ落とし穴に引っかかり入居審査を通過できなくなってしまいます。

住む場所を提供してくれる家主に対して好印象を持ってもらえるような態度と姿勢も大切ということです。