賃貸住宅を借りる時に申し込む保証会社で行う審査の判断基準とは?

賃貸住宅を借りる時、保証会社への保証加入をすることが必要になった時、最も気になるのは保証会社で実施される審査内容でしょう。

保証会社で実施される審査に通らなければ加入することはできません。

では、保証会社に保証加入を申し込みした場合、どのような審査が実施されているのか、何が原因で審査に落ちてしまうのか、確認しておきましょう。

過去に家賃の滞納がある場合は注意!

申し込みを行った保証会社を利用したことがある場合、過去に家賃滞納歴がある場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

なお、賃貸保証会社同士で共有している情報システムに「LICC(全国賃貸保証業協会)」がありますが、ここで共有されているのは共有しているのは訴訟案件や夜逃げなど、悪質な滞納者のデータです。

家賃が収入の多くを占める場合は保証してもらえない?

保証会社の審査では、毎月支払うことになる家賃が、収入のどのくらいの割合を占めるかも判断の基準です。目安となるのは3割程度ですが、保証会社によっては2割5分を目安にしている場合もあります。

ただし、この割合はあくまでも目安で、仮に30万円月収がある方が家賃10万円の賃貸住宅を借りても十分生活できると判断できますが、10万円の月収の方が家賃3万円の賃貸住宅を借りて十分生活できるとは言えないでしょう。

そのため、収入と家賃との割合だけでなく、税金や保険料などが差し引かれ、ライフラインの料金など支払っても、家賃を滞納せずに支払って一般的な生活ができるかどうか審査することになります。

もし滞納があった時に回収可能か

また、万一家賃の滞納があった時に回収することができるかも審査基準の判断材料となるでしょう。

職種や勤続年数、年齢、連帯保証人なども審査の対象です。連帯保証人は年金受給者でも審査に通ることが多いですが、居住地や年齢なども考慮されます。70歳くらいを目安に、保証会社の支社がなどのある地域で、万一の際に回収できる範囲であれば問題ないでしょう。

保証してもしっかり家賃を支払える人物か判断される

他にも判断基準はありますが、提出する身分証明書から得た情報から審査されることもあります。例えば、運転免許証に記載されている再発行回数などで保証会社に警戒される可能性は否定できません。さらに、国民健康保険に加入している場合、滞納などがあれば一時的な保険証が発行されていることもあるので、こちらも重要な判断基準とされます。

保証会社としては、家賃を滞納なく支払ってもらえるかが重要な審査基準になりますので、審査する側の立場になって自分に何か問題はないか考えてみると分かりやすいでしょう。