賃貸住宅を借りる時に必要な連帯保証人の役割とは?

賃貸住宅を借りる時に「どなたか保証人になってもらってください」と不動産会社に言われることがあります。

「保証人」と「連帯保証人」は民法上では大きく異なる部分がありますが、賃貸住宅を借りる時の保証人は、連帯保証人の位置づけになっていることがほとんどです。

そのため誰でもよいわけではなく、どのような保証をしてもらうことになるのか理解した上で依頼するようにしましょう。

民法上の保証人と連帯保証人の違い

賃貸住宅を借りる時の保証人とは、借主に家賃滞納があった時に不動産会社や貸主から家賃の支払いを請求されても、借主に再度請求を行うように支払いを拒否したり、借主の財産を差し押さえる要求することなど可能です。

しかしこれが連帯保証人になると、不動産会社から貸主からの請求に対して拒否はできませんので、自らが物件を借りた立場と同じ責任を負うことになります。

ただし、名称は「保証人」と「連帯保証人」など異なっていても、結局保証人も連帯保証人と同じ責任を負うことになるので、親や兄弟姉妹などで保証能力の高い方に依頼することが望ましいでしょう。

誰に保証人や連帯保証人になってもらえばよい?

親や兄弟姉妹が遠方に住んでいる場合など、もし家賃滞納などがあっても保証人にも電話でしか連絡が取れなくなってしまいます。

そのため、近くに住む親戚や会社の上司などが望ましいとされる事もありますが、貸主によっては連帯保証人を2人準備して欲しいと言われる事もあるようです。

保証人や連帯保証人が準備するもの

賃貸契約の際に保証人が準備するものは、実印、印鑑証明、収入証明、住民票です。

他にも不動産会社や貸主によって求められる書類が増える可能性があります。

賃貸住宅の申し込みを行い、入居審査が実施される時には、借主だけでなく保証人や連帯保証人についても審査されることになります。

保証人になってくれる人がいない場合は?

しかし、近隣に保証人(または連帯保証人)になってもらえる人がいないという場合も出てくるかもしれません。

このような場合、「家賃保証会社」を利用することで、第三者である保証会社が連帯保証人になってくれます。

ただしボランティアではありませんので、賃貸住宅を契約する際に数万円、または家賃1か月分くらいの手数料を支払う必要があります。

また、万一家賃を滞納し、保証会社が弁済してもらった場合、今度は保証会社に対して返済を行うことになるので家賃の支払いを免れるわけではありませんので注意しましょう。

家賃は遅れずに支払うことが大切

家賃保証会社の利用を希望するなら、不動産会社や貸主が保証会社を指定するケースもあるので、不動産会社の担当に一度相談するとよいでしょう。

保証人がいるのだから、もし家賃の支払いが遅れても大丈夫と考えるのではなく、毎月遅れないようにしっかりと払い続けることが大切です。

保証人になってくれた人に迷惑をかけないためにも、収入に見合わない家賃の賃貸住宅を契約してしまわないようにしましょう。