ミニマリストとして引っ越しをする時のポイントは断捨離!

ミニマリストとは、必要なものを最小限に抑えるという意味ですが、引っ越しにおけるミニマリストとは、持ち物を必要最低限度だけにして無駄のない生活を目指すことです。

引っ越しをきっかけに無駄なものを処分してミニマリストを目指し、新居では見た目もすっきりした圧迫感のない部屋で快適な空間づくりを行ってみてはいかがでしょう。

まずは断捨離から始めること

ミニマリストとして引っ越しをする前に必要なのは断捨離といえます。不要なものは処分するか、フリーマーケットやオークションなどインターネットなども利用してお金に換えるのも方法の1つです。

そこでまずは洋服など、自分の身の周りの物から断捨離できるものを選んでいきましょう。1年着ていない服は次の年ももう活用しない可能性が高いですし、2~3回着用したけれど着る機会が少ない服なども対象です。気にった服が3、4セットあれば、それだけで十分着回すことができます。

他にもメイク用品やアクセサリーなども増えてしまいがちですし、雑貨や文具、工具なども重複しているものや使わないものは処分の対象にしましょう。いつ使うかわからないけれどとりあえず持っている、というものは捨てる決心が必要です。

残したいものはルールを決める

子どもが描いた絵など思い出として取っておきたいものは、一定枚数が入るクリアファイルを1年分1冊ずつ残すなど、ある程度ルールを決めて残しましょう。

食器類は思ったよりも増えがち

特に増えてしまいがちなのが食器類です。こちらも必要最低限あればよいですし、いつも使っているコップやお皿は決まっているはずです。

大皿や来客用のコップなど、ホームパーティなどの時に使うかもしれない…と思うかもしれませんが、実際には使用頻度が少なく、いざという時には使い捨てでも間に合うので断捨離の対象にしましょう。

タッパーやキッチンツールなども使わないものが多いので、ずっと使っていないものはどんどん処分していきます。

ミニマリストなら無駄な費用をかけない節約生活が可能に!

本当に必要なものまで断捨離してしまうのは困りものですが、必要最低限のものだけを残すことができれば、引っ越しの時にも荷物が少なくてすみます。そのため、業者に依頼する場合にも料金の節約になるでしょう。

荷づくりや新居に荷物を搬入した後の荷ほどきも楽なので、身軽な状態から新居で生活をスタートさせることができて快適に過ごしやすいはずです。

また、すっきりした生活を続けるために物を増やさないようにする必要があるので、余計な買い物をする必要がなく節約にもなります。

引っ越しをきっかけにミニマリストとして生活を始めてみては?

ミニマリストとして生活をスタートさせたいなら引っ越しはとてもよいタイミングです。普段、必要ないとわかっていてもついそのままになってしまっている溢れかえった物を断捨離するよいきっかけとなるでしょう。

また、引っ越し後にシンプルライフを継続できるように、物は増やさないように心がけることも大切です。