敷金と礼金の違いって何?家賃とは別に支払うの?疑問は今日解決

賃貸物件を借りるために、はじめて不動産会社を訪れる場合、契約書の中の敷金、礼金という言葉に戸惑うことがあるかも知れません。返却されるお金はどちらなのかにもふれながら、敷金と礼金についてお伝えします。

マンションやアパートを借りる時~支払うお金は家賃だけじゃない?

マンションやアパートの契約内容の内訳に、敷金、礼金というお金が発生していることが多いのですが、敷金、礼金とは何なのでしょうか。賃貸ブックや物件情報には、敷金礼金なしという物件があったりします。

敷金って何?

敷金は、預け金とも言えるお金で、入居者時に家賃の1〜2か月分ほどを支払い、退去時に全額返還されるお金です。アパートやマンションをキレイに使って住んでいれば、敷金は基本、退去時に全額返ってきます。しかし、カーペットを汚してしまったり、壁紙を張り替えなければいけないほどの汚れを作ってしまったりなど、大家さんが元の状態に戻すために、修繕をしなければいけなくなるなどした場合、敷金は戻ってきません。

敷金が引かれた例としては、バストイレ兼用の場合の、バスカーテンに黒いシミを作ってしまっていたり、洗面台のミラーがひどい水垢状態であったり、洗面台の台に拭いてもとれないシミを作ってしまったりする等があります。その場合、一部は返却されるようですが、賃貸の場合は使い方には気を付ける必要があるようです。

礼金って何?

礼金は字のごとく、大家さんに対して、この物件を貸してくれてありがとう、というお礼のことです。礼金については、地域性が強く慣習による金額設定が多いようですが、家賃の1~2か月分だといわれています。

敷金は返還されるので礼金はないほうが将来的にはお得です。礼金は一度支払うと、大家さんから戻ってくることはないですから。

賃貸する時は敷金・礼金分も貯金しておこう

1人暮らしの場合は、比較的安い敷金・礼金ですみます。しかし、ファミリー世帯の場合は敷金、礼金だけでも大きな額となりますので、家賃とは別に貯金してから賃貸するようにしたいものです。